【文系】私大の偏差値操作に騙されるな!就職実績はこんなにも違う

「難化しすぎ!」という私立大学が多く見られるようになった近年。

しかし、その難化は純粋な人気・評価の高さではなく、偏差値操作や私大定員厳格化の影響による、実力を伴わない難化である場合があります。

今回はそれが就職実績に表れていることを紹介します。

まずは以前の難易度を見てほしい

まず現在の私立大学の難易度がどれくらいカオスな状態になっているかを示すために、本サイトで集計した1991年~2010年の難易度ランクを見てください。↓

【関東・東海・関西・九州】法・経済・経営系の以前の難易度序列(1991~2010代ゼミ)

S    慶應義塾、早稲田

A+ ICU、上智
A- 明治、青山学院、立教、中央、学習院、同志社

B+ 法政、関西学院、立命館
B- 関西

C+ 南山
C- 成蹊、成城、明治学院、西南学院

D+ 國学院、武蔵、日本、愛知、甲南、龍谷、APU
D- 東洋、駒澤、専修、獨協、神奈川、名城、中京、京都産業、近畿、福岡

E+ 玉川、東京経済、武蔵野、亜細亜、東海、愛知学院、大阪経済、摂南
E- 文教、二松學舍、立正、大東文化、帝京、国士舘、拓殖、桜美林、関東学院、神戸学院、桃山学院、中村学園 など

F+ 明星、千葉商科、山梨学院、中部、追手門学院 など
F- 省略

代ゼミの偏差値のみで作った純粋な難易度ランクです。

この大学がこの難易度?」という疑問を持つ人も現在の受験生ならいるかもしれませんが、そのくらい今の難易度は偏差値操作や定員厳格化でカオスな状態になっています。

特にCランク以下はそれが見受けられます。

次に紹介する就職実績は、この以前の難易度と就職実績が一致する傾向にあることを紹介します。

 

就職実績は以前の難易度と一致する傾向

東洋経済ONLINE『「有名企業への就職に強い大学」ランキング200』の有名企業400社実就職率(過去3年)を見ると、就職実績は以前の難易度と一致する傾向にあります。↓

【関東・東海・関西・九州】主な私大の有名企業400社実就職率推移(過去3年)
以前の難易度大学有名企業400社実就職率推移(2020卒←2018卒) 単位:%
S慶應義塾    40.0以上←40.0以上←不明
S早稲田    34.7 ←36.7 ←37.2
A⁺上智    31.0 ←34.1 ←33.5
A-同志社    30.7 ←31.6 ←30.5
A-青山学院  29.1 ←30.1 ←30.9
A-明治  28.4 ←28.9 ←28.4
B⁺関西学院    25.6 ←26.2 ←26.7
A⁺ICU    24.5 ←26.5 ←28.3
A-立教  23.8 ←26.0 ←25.8
B⁺立命館    22.6 ←23.9 ←23.2
A-中央  21.4 ←22.1 ←23.2
B⁺法政  21.1 ←21.9 ←21.8
A-学習院  21.0 ←22.9 ←27.5
B-関西    19.4 ←19.6 ←19.6
C-成蹊  17.0 ←18.8 ←21.5
C⁺南山    15.8 ←18.2 ←18.4
C-成城  14.8 ←17.5 ←18.6
C-西南学院    14.7 ←15.4 ←18.3
C-明治学院  11.8 ←14.3 ←15.9
D⁺甲南  9.9 ←  9.4 ←12.1
D-近畿  9.9 ←  9.6 ←10.0
D⁺武蔵  9.8 ←11.7 ←10.9
D⁺APU  9.7 ←10.4 ←12.6
D⁺日本  9.2 ←  9.1 ←  8.9
D-京都産業  8.9 ←  9.8 ←10.4
D-獨協  8.9 ←  9.3 ←  9.8
D-中京  8.8 ←  9.3 ←10.0
D-東洋  8.7 ←  9.1 ←  9.8
D-名城  8.5 ←  8.8 ←  9.4
D⁺龍谷  8.3 ←  8.9 ←  9.3
D⁺愛知  8.1 ←  9.9 ←  9.2
D⁺國学院  7.4 ←  9.3 ←  9.7
D-駒澤  7.0 ←  7.8 ←  9.0
D-専修  7.0 ←  7.2 ←  9.1
D-福岡  6.7 ←  7.7 ←  8.4
D-神奈川  6.3 ←  7.3 ←  7.8
E⁺東海  6.3 ←  7.2 ←  7.7
E⁺摂南  5.8←   6.2←   6.5
E⁺武蔵野  6.0 ←  6.0 ←  圏外
E⁺亜細亜  圏外←  6.3 ←  5.9
E⁺東京経済  圏外←  5.9 ←  5.8
E-拓殖  圏外←  5.2 ←  6.4
E⁺玉川  圏外←  5.2 ←  圏外
E-桜美林  圏外←  圏外←  6.3
E⁺愛知学院  圏外←  圏外←  圏外
E⁺大阪経済  圏外←  圏外←  圏外
E-文教  圏外←  圏外←  圏外
E-二松學舍  圏外←  圏外←  圏外
E-立正  圏外←  圏外←  圏外
E-大東文化  圏外←  圏外←  圏外
E-帝京  圏外←  圏外←  圏外
E-国士舘  圏外←  圏外←  圏外
E-関東学院  圏外←  圏外←  圏外
E-神戸学院  圏外←  圏外←  圏外
E-桃山学院  圏外←  圏外←  圏外
E-中村学園  圏外←  圏外←  圏外
F⁺明星  圏外←  圏外←  圏外
F⁺千葉商科  圏外←  圏外←  圏外
F⁺山梨学院  圏外←  圏外←  圏外
F⁺中部  圏外←  圏外←  圏外
F⁺追手門学院  圏外←  圏外←  圏外

以前の難易度S~Bランクの大学は優秀な層が集中していることもあり、ランクが若干バラバラですが、それ未満のランクではC >D >E ≧Fと以前の難易度通り綺麗に並んでいます。

新卒採用においては、長期的な難易度・評価に基づいて「このクラスからは2人、このクラスからは1人」というような採用基準をもっている企業もあります。

例えば、早慶から5人、GMARCHから3人、関関同立から3人くらい採る、という風に。

それが今回のような結果に表れているのではないでしょうか。

いずれにせよ現在の偏差値で大学の価値を測ることはできないことが分かります。難化しているからと言って就職・社会的評価が良いとは限りません。

偏差値よりも長年の就職実績、社会的評価、研究力等のほうが重要であり、以前の難易度はそれが表れている指標と言えるかもしれません。

コメントを残す