【理系】おすすめの私立大学ランキング

理系においてオススメの全国私立大学をランキング形式で紹介します。偏差値よりも研究力や伝統、就職力などを重視しており、理系分野で実力がある私立大学が分かります。

理学部、工学部、理工学部、農学部などを志望する人はぜひ参考にしてください。

なお医歯薬系、女子大学は扱っていません。

 

【理系】おすすめの私立大学ランキング

1位 早稲田・慶應
早稲田大学知名度S:地域・世代問わず誰でも知っている。スポーツ全般に強く箱根駅伝に出場している分、知名度は慶應よりも若干高い

難易度S:62.5~65
・理科2科目であり、慶應を除くほかの私大とは一線を画す難易度

理系力A:理系全般で高水準。科研費やQS世界ランクなど数多くの学術指標で国内10位前後。建築学は日本トップクラス。

就職力S:上場企業役員数3位(1,710人)、400社実就職率39.7%*
慶應義塾大学知名度S:地域・世代問わず誰でも知っている

難易度S:65
・理科2科目であり、早稲田を除くほかの私大とは一線を画す難易度

理系力A:理系全般で高水準。科研費やQS世界ランクなど数多くの学術指標で国内10位前後。早稲田と異なり医薬と連携できるのが強み

就職力S:上場企業役員数1位(1,936名)、400社実就職率40%以上
・私学トップの就職力
・役員数の通り学閥の最高峰であり出世もしやすい
・同窓会組織「三田会」は強固な結束力
3位 東京理科
東京理科大学知名度D:理系大学の中ではマシな方

難易度A:55~62.5

理系力A:国内上位の研究力。科研費やQS世界ランクなど数多くの学術指標で国内20位以内。材料科学・建築学に強い

就職力A:上場企業役員数25位(165名)、400社実就職率38.0%
4位 上智・明治・豊田工業・同志社・立命館
上智大学知名度B:早慶に次ぐ難関大として大卒からの知名度は抜群だが、スポーツで目立たないので高卒等は知らない人もいる

難易度A:62.5~65

理系力C:難易度の割に研究力がイマイチ

就職力A:上場企業役員数21位(203人)、400社実就職率36.0%*
明治大学知名度A:大規模大学。箱根駅伝常連。メジャースポーツ全般強い。出身に有名芸能人多数

難易度B:57.5~62.5

理系力B:MARCHトップの研究力。特に建築学は国内上位。数学・情報科学・機械学も強い

就職力A:上場企業役員数7位(535人)、400社実就職率33.4%*
豊田工業大学知名度F:愛知県外では無名

難易度A:82%(共通テスト5教科)

理系力C:就職重視の大学と思われがちだが研究力はある程度ある

就職力A:上場企業役員数圏外、400社実就職率37.3%
・トヨタ系への枠があるのが最大の魅力
同志社大学知名度B:大規模大学。ラグビー、アメフト。出身に人気芸能人多い

難易度B:55~60

理系力B:医生命分野にかなり力を入れており、生体医科学部・同研究科・脳科学研究科をもつ。科研費の神経科学分野は医学部がないにもかかわらず11位

就職力A:上場企業役員数10位(378人)、400社実就職率35.7%*
立命館大学知名度B:大規模大学。スポーツ全般強い。関西圏外では京大・同大・立命大の3強

難易度C:52.5~57.5

理系力A:同志社を上回る高い研究力。科研費やQS世界ランクなど数多くの学術指標で早慶・理科大に次ぐ順位

就職力B:上場企業役員数19位(223人)、400社実就職率27.6%*
9位 中央・立教・関西学院
中央大学知名度B:大規模大学、箱根駅伝古豪、野球、バレーボール

難易度B:55~60

理系力B:MARCHでは明治に次ぐ研究力。物性物理学・情報科学・機械制御・土木に強い

就職力B:上場企業役員数5位(773人)と学閥が強い、400社実就職率26.4%*
立教大学知名度B:野球東京六大学の古豪として年配層からの知名度が高い。ただ箱根駅伝出場が途切れており、地方での知名度はMARCHの中では若干落ちる

難易度B:57.5

理系力B:宇宙物理学は私大有数の研究力。この分野の教員が充実している。生物学も強い

就職力B:上場企業役員数20位(218人)、400社実就職率28.8%*
関西学院大学知名度C:関西圏外では「かんさいがくいん」と読み間違えられる。関東で知られているのは関大の方

難易度C:52.5~55

理系力B:有機化学をはじめとする化学系に強い。Nature自然科学ランクでは化学分野が評価され国内29位

就職力B:上場企業役員数12位(328人)、400社実就職率30.6%*
12位 青山学院・法政・学習院・芝浦工業・関西
青山学院大学知名度A:箱根駅伝連覇で急速に浸透。野球・バスケも強豪

難易度B:55~60

理系力C:難易度の割にイマイチな研究力

就職力B:上場企業役員数18位(228人)、400社実就職率34.1%*
・400社実就職率は文系女子が引っ張っている
法政大学知名度B:大規模大学、箱根駅伝常連、東京六大学、サッカー、アメフトなど話題性豊か

難易度B:55~60

理系力C:難易度の割にイマイチな研究力。情報系は強い

就職力B:上場企業役員数14位(290人)、400社実就職率26.1%*
学習院大学知名度B:皇室御用達として地方での知名度も高い

難易度B:55~57.5

理系力C:同じ理学部を持つ立教と比べると研究力は見劣りする。物理化学は強い

就職力B:上場企業役員数30位(118人)、400社実就職率26.0%*
芝浦工業大学知名度E:四工大の中ではマシな方

難易度C:50~60

理系力B:工学系の多くの分野で標準以上の研究力。特に伝統の建築学は国内20位以内には入る強さ。

就職力B:上場企業役員数49位(66人)、400社実就職率33.0%
・400社実就職率は高いが現場業が多いことに注意
関西大学知名度C:大規模大学、サッカー、アメフト、フィギュアスケート。関東での知名度は関学よりも上

難易度C:52.5~57.5

理系力B:突出した強みはないが多くの分野で標準以上の研究力。流体工学は強い

就職力B:上場企業役員数13位(291人)、400社実就職率24.4%*
17位 日本(理工)・東京都市
日本大学
(理工)
知名度A:学生数日本一。スポーツ全般強い。付属高校の活躍も。タックル問題でかなり浸透

難易度D:45~55

理系力B:建築・土木の名門として高い研究力。理工学部はその中心。特に土木は強く私大トップといっていい。宇宙物理学・代数学も強い

就職力B:上場企業役員数8位(520人)、400社実就職率14.2%*
・理工学部の就職先のラインナップは凄い
・メーカーや建設業に数多くの日大出身役員がいる
・特に建設業の学閥が強い。理工学部はその中心
東京都市大学知名度E:2009年に名称変更。親世代には旧名を言った方が伝わる

難易度D:45~57.5

理系力C:伝統の原子力工学は私大有数の研究力。建築学・材料力学・電気電子工学も強い

就職力B:上場企業役員数62位(52人)、400社実就職率19.5%
・東急系大学として東急グループへの就職に強いのが魅力
・かつては芝浦と並ぶ格だったため出身者が優秀。
・400社実就職率は四工大では芝浦に次ぐ数字を長期的に残す
19位 成蹊・東京電機・工学院・北里・東京農業・名城・近畿
成蹊大学
知名度D:出身の安倍前首相効果でマシに

難易度D:50~52.5

理系力D:小規模でかなり影が薄い。しかし少数精鋭で研究力は弱いわけではない

就職力B:上場企業役員数31位(108人)、400社実就職率22.0%*
・三菱系として三菱グループへの就職が強いことが魅力
東京電機大学
知名度E:理工系大学の知名度は基本低い。電通大と間違えられやすいが、こっちのほうが知られてはいる

難易度D:42.5~55

理系力C:多くの分野で標準クラスの研究力。情報セキュリティ分野に力を入れている

就職力C:上場企業役員数59位(55人)、400社実就職率18.5%
工学院大学
知名度E:理工系大学の知名度は基本低い。名前の似ている専門学校に間違えられる

難易度C:50~60

理系力C:多くの分野で標準クラスの研究力。伝統の建築学が強い

就職力C:上場企業役員数圏外、400社実就職率17.3%
北里大学
知名度D:北里柴三郎をきっかけに知られる。ちなみに大学の創立者は彼ではない

難易度D:42.5~55

理系力B:薬学ばかりが目立ちがちだが、その他の学問も力はある。水圏生命科学・獣医学は国内上位の研究力。

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
・生命科学系の就職がイマイチなのは仕方ない
東京農業大学
知名度D:箱根駅伝出場が長く途切れており知名度は下降中

難易度D:40~55

理系力B:農学系大学としてさすがの充実度。農芸化学は国内20位以内に入る研究力。森林科学も強い

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
・生命科学系の就職がイマイチなのは仕方ない
名城大学
知名度E:ローカル感強い

難易度D:50~55

理系力C:ナノ材料・ロボティクスの研究力が高い

就職力C:上場企業役員数43位(77人)、400社実就職率13.5%*
・トヨタ系への就職強い
・出身役員の多くは愛知県のメーカー
近畿大学
知名度C:関西一の大規模大学、野球・相撲の強豪。マグロ養殖の成功で理系の強さが知られるように

難易度D:42.5~52.5

理系力B:伝統の養殖学が有名。建築学は立命大に並ぶ強さ。生産環境農学の研究力も高い

就職力C:上場企業役員数29位(119人)、400社実就職率14.9%*
26位 日本(文理,工,生産工,生物資)・東洋・神奈川・東海(工,情理,情通,海洋)・千葉工業・東邦・南山・金沢工業・甲南・京都産業・大阪工業・福岡
日本大学
(文理,工,生産工,生物資)
知名度A:理工学部の欄を参照

難易度D:35~57.5

理系力C:農芸化学は私大有数の研究力。理工学部ばかりが目立ちがちだが文理学部、工学部、生産工学部の研究力も悪くはない。

就職力C:上場企業役員数8位(520人)、400社実就職率14.2%*
・日大の建設業の学閥は工学部、生産工学部もその恩恵を受けられる
東洋大学
知名度B:大規模大学。箱根駅伝・野球の強豪

難易度D:45~52.5

理系力D:全体的に研究力が弱め。ただ建築計画系は充実している

就職力C:上場企業役員数37位(86人)、400社実就職率13.7%*
・出身役員の多くは文系学部出身のためコネはそこまで期待できないか
神奈川大学
知名度C:大規模大学。箱根駅伝常連。吹奏楽強豪。野球も。給費生入試も有名

難易度D:40~50

理系力C:化学系全般に強く私大上位の研究力。特許保有数全国上位であり研究成果を積極的に社会に還元している

就職力C:上場企業役員数32位(105人)、400社実就職率11.3%*
・出身役員は理系学部出身も多い
・地元財界と太いパイプを持つ
東海大学
(工,情理,情通,海洋)
知名度B:学部が多彩な大規模大学。スポーツ全般強い。付属高校の活躍も

難易度E:35~50

理系力B:航空宇宙工学は私学トップクラスの研究力。水産工学・防災工学も強い。海洋学部は駿河湾に面するキャンパスで学ぶことができる

就職力C:上場企業役員数24位(168人)、400社実就職率11.3%*
・出身役員の多くが理系学部出身
・工学部は偏差値30台のFランだが就職は東洋、神大などとほぼ変わらずコスパ高い
千葉工業大学
知名度F:文系にはほぼ知られていない

難易度D:47.5~52.5
・数3がいらないためマイナス評価

理系力C:多くの分野で標準クラスの研究力。宇宙物理学が盛んという意外性もある

就職力C:上場企業役員数圏外、400社実就職率10.7%
東邦大学
知名度F:関東限定の知名度

難易度D:45~50

理系力C:宇宙物理学・生物学が強い

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
・理学部の就職がイマイチなのは仕方ない
南山大学
知名度E:東海圏外では低い知名度。「みなみやま」と読み間違えられる

難易度D:45~50

理系力D:情報工学が充実している。弱いわけではない

就職力C:上場企業役員数58位(56人)、400社実就職率20.8%*
・400社実就職率は文系女子が引っ張っている
・就職先のラインナップは名城に負ける
金沢工業大学
知名度F:北陸以外での知名度は低い

難易度E:42.5~45

理系力C:材料力学・生産工学の研究力が高い。教育工学も盛んであり学生の教育に活かしている

就職力C:上場企業役員数圏外、400社実就職率11.6%
・独自の教育で低学力でも就職できるように育て上げる
・北陸は製造業が盛んなためNNTになることはないだろう
甲南大学
知名度D:産近甲龍で最も話題性がない

難易度D:47.5

理系力C:ナノバイオ・DNAの研究にかなり力を入れており、科研費の生体分子化学分野では国内20位以内に入る研究力

就職力C:上場企業役員数36位(93名)、400社実就職率14.9%*
京都産業大学
知名度D:ラグビー強豪。コロナ禍で大きく報道されてしまう

難易度D:47.5~52.5

理系力C:大学創立者は宇宙物理学者のため、宇宙物理学に特に力を入れている。科研費の宇宙物理学分野では国内20位前後の研究力。ミトコンドリア研究も盛ん

就職力C:上場企業役員数34位(98人)、400社実就職率13.9%*
大阪工業大学
知名度F:関西限定の知名度

難易度D:45~50

理系力C:電気電子工学は私大上位の研究力であり近大を上回る。学習支援システムの開発も盛ん

就職力C:上場企業役員数50位(64名)、400社実就職率12.3%
・出身役員数は理系私大では理科大・芝浦に次ぐ多さ
福岡大学
知名度E:九州以外では低い知名度。九州一の大規模大学、サッカー強豪。

難易度D:45~50

理系力C:日本標準となっている埋立技術を開発したことで知られる。

就職力C:上場企業役員数36位(91名)、400社実就職率12.7%*
38位 北海学園・東北学院・玉川・東海(理,生物,農)・中京・愛知工業・龍谷
北海学園大学
知名度F:北海道限定の知名度

難易度F:35~42.5

理系力E:これといった強みはない

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率14.7%*
・北海道では強い
・地元財界と太いパイプを持つ
東北学院大学
知名度F:宮城県限定の知名度

難易度E:40~45

理系力E:これといった強みはない

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率16.9%*
・宮城県では強い。東北電力には毎年5名ほどが就職
・地元財界と太いパイプを持つ
玉川大学
知名度E:関東以外では低い知名度。出身に有名芸能人多い

難易度E:40~55
・2教科入試がメインのためマイナス評価

理系力D:ミツバチ研究で有名

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
・工学部、農学部も教員への就職実績は高い
東海大学
(理・生物・農)
知名度B:工学部の欄を参照

難易度E:37.5~45

理系力C:東海大学では目立たない3学部だがそれでも標準以上の力を持っているのが東海大学。研究力が高い医学部と連携できるのは強み

就職力D:上場企業役員数24位(168人)、400社実就職率11.3%*
・生命科学系は就職がイマイチ
中京大学
知名度C:愛知の私学では唯一全国的に知名度がある。野球・サッカー・フィギュアスケートの強豪。付属高校の活躍も大きい

難易度D:47.5~52.5

理系力E:これといった強みがない。研究力も弱め

就職力C:上場企業役員数圏外、400社実就職率13.8%*
愛知工業大学
知名度F:愛知県限定の知名度

難易度D:45~52.5

理系力D:際立った強みはないが研究力は弱くない

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率5.6%
龍谷大学
知名度D:大規模大学、付属高校の活躍で。

難易度D:42.5~47.5

理系力E:これといった強みがない。研究力も弱め

就職力C:上場企業役員数71位(50人)、400社実就職率13.3%*
45位 武蔵野・立正(環境シ)・東京工科・中部・摂南
武蔵野大学
知名度F:関東限定の知名度。関東でも低い

難易度D:45~50

理系力E:理系の歴史が浅い。研究力も弱め

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率11.0%*
・最近まで女子大だったため学閥は弱い
立正大学
(環境システム)
知名度F:関東限定の知名度

難易度E:45

理系力D:私大では数少ない気象学を学ぶ環境が充実している大学(環境システム学科)。

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
東京工科大学
知名度F:関東限定の知名度

難易度D:45~50

理系力E:これといった強みはない。研究力も弱め。教育の評判は悪くない

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
・理工系大学なのに400社実就職率が毎年ランク圏外
中部大学
知名度F:東海地方限定の知名度

難易度D:45~50

理系力D:際立った強みはないが研究力は弱くない

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
摂南大学
知名度F:関西限定の知名度

難易度E:45~47.5

理系力E:これといった強みはないが、理系にルーツを持つ大学として理系分野に力を注いでいる

就職力D:上場企業役員数圏外、400社実就職率10.8%*
・400社実就職率は理系学部が引っ張っている
50位 国士舘・帝京・関東学院
国士舘大学
知名度C:箱根駅伝常連、柔道強豪

難易度E:52.5
・1教科でも受験できるためマイナス評価

理系力E:これといった強みはない。研究力も弱い

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
帝京大学
知名度B:大規模大学、箱根駅伝常連、ラグビー強豪。付属高校が有名

難易度F:40~42.5

理系力E:研究力の高い医学部と連携できるのが強みだが、理工学部自体に強みはない

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外
関東学院大学
知名度E:ラグビー強豪

難易度F:40~47.5
・建築環境学部は文系科目だけでも受験できるためマイナス評価

理系力D:表面処理技術で有名。この分野の知財化が盛んであり研究成果を社会に還元している。建築設備・環境も強い

就職力E:上場企業役員数圏外、400社実就職率圏外

53位以下省略

 

(注1)文系学部も擁する総合大学の400社実就職率は、理工系大学よりも数字が低く出やすいため、ハンデとして5%プラスしています。
(注2)難易度は河合塾の入試難易予想ランキング(2021年1月更新)において、各大学のメイン入試の偏差値を参考にしています。

順位のみ

  1位:早稲田、慶應義塾
  3位:東京理科
  4位:上智、明治、豊田工業、同志社、立命館
  9位:中央、立教、関西学院
12位:青山学院、法政、学習院、芝浦工業、関西
17位:日本(理工)、東京都市
19位:成蹊、東京電機、工学院、北里、東京農業、名城、近畿
26位:日本(文理,工,生産工,生物資)、東洋、神奈川、東海(工,情理,情通,海洋)、千葉工業、東邦、南山、金沢工業、甲南、京都産業、大阪工業、福岡
38位:北海学園、東北学院、玉川、東海(理,生物,農)、中京、愛知工業、龍谷
45位:武蔵野、立正(環境シ)、東京工科、中部、摂南
50位:国士舘、帝京、関東学院
53位:以下省略

 

出典

上場企業役員数:数字作ってみた『上場企業全役員の出身国内大学ランキング(2020年7月末現在)
有名企業400社実就職率:東洋経済ONLINE『「有名企業への就職に強い大学」ランキング200

 

コメントを残す