【おおよそ】大学全国一般知名度ランキング

大学の全国一般知名度を予想しランキングにしました。大卒だけでなく大学未受験の高卒、専門卒等からの知名度も考慮したので、一般的な大学序列とはかなり異なります。地方の個人的な知り合いにも協力してもらったので、一応の客観性はあります。

 

大学全国一般知名度ランキング

 

SSS
(国)東京

SS
(国)京都
(私)早稲田、慶應義塾

S
(私)明治、青山学院、日本

A
(私)立教、中央、法政、学習院、東洋、駒澤、東海、帝京、日本体育、同志社、立命館

B
(国)筑波
(私)上智、順天堂、専修、神奈川、東京農業、大東文化、亜細亜、国士舘、拓殖、山梨学院、関西、近畿

C
(国)北海道、東北、一橋、お茶の水女子、名古屋、大阪、九州
(私)成蹊、成城、明治学院、國学院、創価、中央学院、城西、上武、中京、関西学院、京都産業、龍谷

D
(国)弘前、岩手、秋田、山形、福島、茨城、宇都宮、埼玉、千葉、東京工業、東京藝術、横浜国立、新潟、富山、金沢、福井、山梨、信州、岐阜、静岡、三重、滋賀、神戸、和歌山、鳥取、島根、広島、岡山、山口、徳島、香川、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、琉球
(公)東京都立、大阪市立
(私)東京理科、国際基督教、芝浦工業、北里、東京国際、津田塾、日本女子、東京女子、フェリス女学院、武蔵野美術、多摩美術、南山、愛知、名城、愛知学院、甲南、天理、同志社女子、京都女子、西南学院、福岡

E
(国)小樽商科、室蘭工業、帯広畜産、北見工業、東京医科歯科、東京外国語、東京学芸、東京農工、名古屋工業、京都工芸繊維、奈良女子、九州工業
(公)国際教養、高崎経済、横浜市立、名古屋市立、京都府立、大阪府立、兵庫県立、北九州市立
(私)北海学園、東北学院、東北福祉、慈恵会医科、昭和、獨協、武蔵、東京都市、工学院、東京電機、玉川、神田外語、桜美林、関東学院、流通経済、聖心女子、大妻女子、白百合女子、金沢工業、金城学院、関西外国語、佛教、摂南、神戸学院、追手門学院、桃山学院、大阪体育、大阪芸術、神戸女学院、武庫川女子、広島修道、松山、岡山理科、立命館アジア太平洋

F
省略

G
省略

 

※修正済み(2020/12/31)

大学全国一般知名度のポイント

大学未受験層は大学群を知らない

大学受験を経験していない高卒、専門卒等の人は、旧帝大、MARCH、関関同立、日東駒専などの受験用大学群をほとんど知りません。

比較的知られているのは野球の大学群である「東京六大学」くらいでしょう。

そのため、人口の約半数を占める高卒、専門卒等の人にとって、ほとんどの大学群は大学を知るきっかけにはなっていません。

幅広い学歴、世代、地域の人の耳に届くためには、箱根駅伝をはじめとするスポーツでの活躍が重要です。

 

箱根駅伝による宣伝効果は絶大

高校の知名度は甲子園、大学の知名度は箱根駅伝でほぼ決まると言っても過言ではありません。

箱根駅伝は関東の大学しか出場しないローカル大会でありながら、関東以外でも20%前後の高視聴率を毎年叩き出しています。アナウンサーが連呼する大学名は嫌でも耳に残るでしょう。

 

文理総合大学が有利、理系・芸術系・女子大学は不利

これは大卒の間での知名度に関わります。

文系選択の人が電気通信大や芝浦工業大などの有力理系大学をあまり知らないように、理系選択の人も成城大や明治学院大などの有力文系大学をあまり知りません。

この点、文系学部と理系学部がある程度揃った総合大学は、文系選択と理系選択の両方の目に留まる可能性が高く、文理総合大学は大卒の間での知名度において有利です。

また、文系と理系の比率は7:3と言われているので、理系大学は知名度において不利。受験者層が限られる芸術系大学、女子大学も不利。

 

人口比は関東 >>近畿 >中部

日本の地域別の人口比は、関東33.8%、近畿17.7%、中部16.9%、九州10.2%…なので、関東での知名度は比率的に重要といえます。

 

各大学知名度の解説

SSSランク

東京大学

言わずもがな。

おそらく、15歳以上の日本国民なら知名度は95%程はあるのではないだろうか。「東大」と、大学の略称を皆が口を揃えて言う大学も東京大学だけ。

また、最近ではTBSクイズ番組の『東大王』がレギュラー化したり、東大生youtuberが人気を集めるなど、大学名の浸透に磨きがかかっている。

 

SSランク

京都大=早稲田大 ≧慶應大 と予想

京都大学

知名度No.2は京都大学か早稲田大学のどちらかだが、難易度が広く知られているのは京都大学の方。

京都大学の場合、「東大京大」「東の東大、西の京大」のように東京大学の対抗馬として紹介されることが多く、「東大の次に頭がいい」とイメージしやすい。難易度が明確に広く知られている大学は、東京大学と京都大学ぐらいと言える。

早稲田大学慶應義塾大学

どちらも政界、官界、財界、文化界、スポーツ界、芸能界、様々な業界で大きな存在感を持ち知名度は抜群。

ただ、知名度は早稲田 ≧慶應という声が多い。

要因として、知名度に大きく影響する箱根駅伝において早稲田は出場89回、優勝13回を果たしているのに対し、慶應は出場30回、優勝1回および27年間出場できておらず、地方での知名度を制する要素がワンピース足りないことが考えられる。

 

Sランク

明治大=青山学院大 ≧日本大 と予想

明治大学

高倉健、北野武、山下智久、小山慶一郎、伊野尾慧、北川景子、山本美月など、数多くの人気芸能人の出身校。

また、駅伝、野球、サッカー、ラグビーなどの様々なメジャースポーツで名を挙げており、学歴、地域問わず有名な大学。

青山学院大学

箱根駅伝によるブランディングで成功を収めている大学。元々知名度は高かったがここまでではなかった。

2009年の第85回箱根駅伝に33年ぶりに出場し、第91回で初優勝、第94回で4連覇を達成。この間、監督や選手がテレビ番組にたびたび出演するなど、青山学院大学はここ数年、私立大学の中で最も目立っているのではないだろうか。

箱根駅伝を契機に、大学未受験層にもかなり大学名が浸透したと言える。

日本大学

学生数約7万人の超マンモス大学。日本全国、様々な業界に圧倒的な数の卒業生を輩出しているのだから、当然知名度は高水準なのだが、数年前までは意外と知られていない地域もあったとか。

しかし、この知名度の微妙な壁を打ち破ったのが、2018年の通称「日大問題」。何か月も続いた報道で連呼された大学名は、それまで知らなかった人も含め多くの人の頭に残っただろう。

 

Aランク

中央大=法政大=学習院大=東洋大=駒澤大=東海大=帝京大=日本体育大 ≧立教大=同志社大=立命館大 と予想

立教大学

同ランクの大学よりも知名度は若干落ちる。これは箱根駅伝本戦に52年間も出場できていないことが要因として考えられる。むしろそれしか理由が見当たらない。

しかし、立教大学が入っている「東京六大学」という野球大学リーグは、50代以上の人の間ではかなり知られている。立教大学はスター・長嶋茂雄を輩出しており、この野球大学リーグの中で目立った存在であるため、地方でも年配層を中心に知名度は高いと考えられる。

学習院大学

「皇族が通う大学」。地方でも知名度がある理由はおそらくこれ一本。

近年では、佳子さまと愛子さまが学習院幼稚園から初等科、中等科、高等科、そして大学へと進学されているが、その節目節目でテレビニュースでは「学習院」というテロップとキャンパスの映像とともに報道されてきた。学習院が数分間もクローズアップされる報道が年に数回されることを考えれば、宣伝効果は箱根駅伝並みにあるのではないだろうか。

中央大学法政大学東洋大学駒澤大学東海大学帝京大学日本体育大学

全ての大学が箱根駅伝常連であり、法政大学を除いて優勝経験がある。中央大学に至っては出場回数、優勝回数共に最多。

駅伝だけでなく他のスポーツの有名校でもあり、法政大学と東洋大学は野球、駒澤大学はサッカー、東海大学は柔道、帝京大学はラグビー、日本体育大学は体操の強豪。

東海大学と帝京大学は付属高校もスポーツで有名なので、付属高校の活躍もこの2校の知名度を押し上げている。

同志社大学立命館大学

関東以外の大学は箱根駅伝による知名度ブーストをかけられないので、他のメジャースポーツでの活躍と出身有名人が多いかどうかが他地域と大学未受験層からの知名度において重要となる。

この点、関西私大では関関同立と近畿大が該当するが、特に同志社大と立命館大はメディア露出が多く、関東でも認知度が高い。

スポーツでは野球の強豪であり、同志社大学はラグビー、立命館大学は女子陸上が有名。

 

Bランク

このランク以降は、学歴、地域、世代によって知名度の差が激しくなってくるが、総合的に知名度が近いと考えられる大学。

筑波大学

高難易度、関東での知名度が高いこと、有名私大並みにスポーツが盛んなこと、今年26年ぶりに箱根駅伝に出場したこと、筑波研究学園都市が有名なこと、地方在住高卒の知り合いが知っていたことを決め手に、国公立3番目の知名度とした。

上智大学

総合私大では早慶に次ぐ難易度であり、大卒からの知名度は高い。しかし、スポーツで目立たないので、地方と大学未受験層からの知名度はイマイチと考えられ、総合的な知名度においてMARCHには及ばないと判断。

順天堂大学専修大学神奈川大学東京農業大学大東文化大学亜細亜大学国士舘大学拓殖大学山梨学院大学

全大学が箱根駅伝常連校であり、もちろん関東での知名度は高い。

ただ、順天堂大学は医療系大学なので文系と理工系志望には目に留まりにくい。それ以外の大学は優勝経験が少なめなので、あまり目立たず、地方での知名度は優勝数上位校と比べると一段落ちると考えられる。

以上のマイナス要素も含め、箱根駅伝常連校ではあるが、Aランクの大学には及ばないと判断。

関西大学近畿大学

同志社大と立命館大ほどではないが、関東でもある程度の認知度がある2大学。

中でも特徴的なのが関西大学であり、フィギュアスケートでは高橋大輔、織田信成、宮原知子などの有名選手の出身校。

 

Cランク

一橋大学

知名度が低いと言われがちだが、最難関大学の一つとして大卒からの知名度は高く、名前がユニークなので他の大学と混同されることがなく覚えやすい。

地方在住高卒の知り合いも、国立・私立の判別ができなかったが名前は知っていた。

お茶の水女子大学

女子大学は男性からの知名度が低くならざるを得ないが、お茶の水女子大学は女子大学の代表格として男性の間でも知名度は高い。大学未受験層も女子大学という特殊なグループの代名詞として知っている可能性はある。

また、名前にひらがなが混じっており、一度見たら忘れないネーミング。

さらに、皇室の悠仁さまが付属小学校に入学し、昨年には同中学校に内部進学しているので、近年はメディア露出も高い。

北海道大学東北大学名古屋大学大阪大学九州大学

スポーツや出身芸能人で名を広めることが難しいほとんどの国公立大学は、知名度においてどうしても地域差が激しくなる。(知らなくても県名+大学から国立大学と予想はできるが、それを知名度と言えるかは微妙なところ。)

旧帝大として名高いこの5大学も、地元地域外の大学未受験層に知られているとは言えない。大卒においても、私立専願が多い関東出身者が旧帝大を全部言える確率は高くないだろう。

とはいえ、この5大学は日本を代表する大学として大卒からの知名度は高い。地元地域での知名度は抜群で、合格したら神様扱いを受けるほど。総合的には大半の国公立大学よりも全国知名度は上だろう。

成蹊大学成城大学明治学院大学

成蹊大学=成城大学≧明治学院大学と予想。

お金持ちのハイソな大学として知られる。

それゆえ出身芸能人が多く、成蹊大学は中井貴一、高島彩、成城大学は木村佳乃、えなりかずき、明治学院大学はTHE ALFEE、中島健人など。

特に、安倍前首相の出身である成蹊大、成城という地名が有名な成城大がイメージしやすく、知名度においては一歩リードしていると考えられる。

國学院大学創価大学中央学院大学城西大学上武大学

いずれも箱根駅伝での歴史は浅め。

大卒からの知名度を考えると、一定以上の難易度がある國學院大學が一歩リードしており、このまま箱根駅伝で実績を積んでいけばBランク入りもあり得る。創価大学も宗教系大学として元々存在感はあるので同様。

関西学院大学

知名度でよく関西大学と比較されるが、大卒からの知名度においてほぼ差はないだろう。

しかし、高卒間では差がある。関西以外の地方在住高卒の知り合い3人に関西学院大学を知っているか尋ねたところ、全員が知らず、代わりに関西大学は知っていた。このことから、関西学院大学は関西以外の大学未受験層からの知名度が関同立と比べて低いと考えられる。関東においても同様の感覚はある。

関西学院大学もアメフトをはじめスポーツが盛んであり、著名な出身者も多いので、原因は見当もつかない。名前は似ているが覚えやすい関西大学という存在は要因としてあり得る?と考えられるぐらいだ。

とりあえずまとめると、関関同立の全国知名度は、同志社=立命館 ≧ 関西 ≧関西学院と予想。

京都産業大学

コロナ禍という特殊な状況下で、あの出来事はかなりの注目を集めた。関西以外の地域も巻き込んだ事だったので、関西限定だった大学の名前は一瞬で全国に広がったはずだ。

ただ、こういう出来事は数年後には忘れられているので、今後、本当の意味での知名度を維持できるかは疑問。

龍谷大学

龍谷大学付属平安高校は甲子園常連の野球名門校。

知名度において付属高校の恩恵を受けている。

中京大学

愛知県の私大は全体的にローカル感がかなり強く、県外を出ると知名度が極端に下がる。しかし、中京大学はスポーツの実績で抜きんでており、愛知県以外でも知名度は最低限あると考えられる。

フィギュアスケートで特に知られ、浅田真央、浅田舞、村上佳菜子、宇野昌磨などが出身。国民的人気を誇った浅田真央が入学式に臨んだニュース映像は日本中が注目した。

また、付属高校は甲子園優勝最多の野球名門校として有名であり、知名度において恩恵を受けている。

 

コメントを残す