【法学部】MARCH・関関同立・国公立(難関未満)の実力を比較!

MARCH、関関同立、国公立(難関未満)の法学における実力を比較します。対象大学は以下の通り。

・MARCH・・・明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大

・関関同立・・・関西大、関西学院大、同志社大、立命館大

・国公立(難関未満)・・・旧帝・一橋・神戸大以外の法学を学べる大学

 

【法学の充実度】MARCH・関関同立・国公立を比較

法学を学ぶ環境がどれだけ充実しているかを見るために、法学教員の専門分野の割合を集計しました。

法学は、公法、民事法、刑事法、基礎法、国際法の5分野に大きく分けられ、以下の表で各大学にどの分野の教員が多いのか、バランスよく揃っているのかが分かります。

【法学を学べる大学】法学教員の分野の割合
公法・・・憲法、行政法、租税法、財政法、社会保障法、情報法など
民事法・・・民法、商法、民事手続法、知的財産法、経済法、労働法、国際私法など
刑事法・・・刑法、刑事訴訟法、少年法など
基礎法・・・法哲学、法史学、法社会学、比較法学など
国際法・・・国家機構法、海洋法、国際人権法、国際環境法など

まず、5分野に教員がそれぞれ1名以上在籍しているのは、

MARCH、関関同立、山形大、福島大、茨城大、千葉大、東京都立大、新潟大、金沢大、静岡大、大阪市立大、岡山大、広島大、香川大、愛媛大、熊本大です。

特に、明治大中央大法政大関西大千葉大大阪市立大岡山大広島大愛媛大熊本大は手薄になりがちな基礎法と国際法の割合も比較的高く、5分野の教員がバランスよく揃っています。

やはり、「法学部」として独立した学部の方が様々な分野の教員が揃っていることが分かります。

反対に、埼玉大、横浜国立大、富山大、滋賀大などのように、経済系学部で法学を学ぶ大学は基礎法と国際法の教員がいない、または少なく、実用的な分野である民事法の教員が多いことが分かります。

ただ、学問よりもとにかく司法試験や行政書士などの資格取得を目指したいという目的なら、公法、民事法、刑事法の3分野を十分に学べる環境であれば特に問題はないでしょう。

ユニークな分野の教員が在籍しているのが明治大と新潟大。この2校はインターネット、サイバーセキュリティにおける法分野である「情報法」の教員がそれぞれ2名も在籍しているので、学びたい人にはオススメ。

 

【法学の研究力】MARCH・関関同立・国公立を比較

国や独立行政法人などから優れた研究課題に配分される研究費を比較します。

【法学分野】研究費推定配分額ランキング(過去5年間合計)

順位大学研究費推定配分額(円)
(参考)早稲田7.10億
(参考)名古屋5.03億
1同志社2.53億
2中央2.30億
3立命館2.19億
4明治2.18億
5立教1.21億
6法政1.15億
7筑波1.03億
8横浜国立1.03億
9千葉9,466万
10関西8,590万
11関西学院8,291万
12金沢8,027万
13大阪市立6,944万
14岡山6,856万
15東京都立6,839万
16琉球6,646万
17熊本6,644万
18新潟6,402万
19青山学院5,781万
20静岡4,715万
以下省略

日本の研究.comをもとに作成


教員の規模を考慮すれば、18位の新潟大までは法学の研究が盛んに行われていると言っていいでしょう。

特に、同志社大中央大立命館大明治大は強いです。この4校は法学において日本有数の歴史を有しており、法学部が看板です。

 

【司法試験実績】MARCH・関関同立・国公立を比較

裁判官・検察官・弁護士になるためには司法試験に合格しなければなりません。

その受験資格を得るには、法科大学院を修了するか、予備試験に合格する必要があります。

予備試験は合格率が低すぎて今回の大学を比較するのに向かないので、各大学の法科大学院修了者の司法試験合格実績を比較します。

各大学法科大学院の司法試験累積合格率ランキング(2005~2017年度)
順位大学合格率(%)合格者数(人)
1中央68.12,076
(参考)早稲田64.01,669
2千葉62.4295
(参考)名古屋60.3464
3東京都立60.3392
4大阪市立52.2296
5明治48.7832
6同志社47.4522
7広島44.6174
8岡山44.5154
9立命館42.8503
10関西学院41.8350
11横浜国立 (募集停止)41.3171
12金沢40.895
13法政40.2296
14立教 (募集停止)37.5209
15琉球36.460
16関西35.5305
17熊本 (廃止)34.961
18新潟 (廃止)33.290
19筑波30.587
20静岡 (廃止)28.537
21島根 (廃止)26.330
22青山学院 (募集停止)26.179
23信州 (廃止)25.643
24香川 (廃止)25.538
25鹿児島 (募集停止)18.525
以上の大学以外は法科大学院未設置

※文部科学省「法科大学院別司法試験累計合格者数等(累計合格率順)」より

※合格率は受験者数に対する割合


中央大学が今回の大学では圧倒的な数字です。

全国トップクラスの実績を残しており、数多くの法曹を輩出しています。「法科の名門」と呼ばれる所以です。

法科大学院は定員割れ等の理由により、廃止または学生募集停止に追い込まれる大学が相次いでいます。今回の大学においても上の表のとおり、青山学院大、立教大、横浜国立大などの有力大学も学生募集停止となっています。

 

【国家公務員総合職】MARCH・関関同立・国公立を比較

公務員試験は法律科目が大きなウエイトを占めるので、法学部は公務員志望の学生が多く集まります。

今回はその公務員試験の最難関である国家公務員総合職の合格実績を比較します。いわゆる「キャリア官僚」になるための試験です。

【法学を学べる大学】国家公務員総合職 合格者数ランキング2020
順位(全国)大学合格者数(院卒含む)
6立命館60
7中央59
8岡山56
15広島41
18筑波29
19千葉24
20明治21
22同志社18
23大阪市立17
25横浜国立14
30法政11
30岩手10
30東京都立10
30関西学院10

※リセマム『合格者最多は「東大」249人…国家公務員採用総合職試験2020』より


立命館大中央大岡山大広島大が強いです。

関関同立ではここ10年間ほど、立命館大>同志社>その他という状況が続いており、また、立命館大と同志社大の差は開いていく傾向にあります。

中央大と岡山大は伝統的に国家公務員総合職の合格実績が高いです。中央大は難関試験に挑む学生のための学習施設である「炎の塔」があることで知られ、国家公務員や司法試験などの難関試験合格を目指す学生が多く集まる大学です。

岡山大の実績が伝統的に高い理由については、この記事で紹介されています。→WEDGE Infinity『官僚試験合格者を急増させる地方国立大の正体』 どうやら、腕試しで受ける学生が多いようですね。それでも合格者が出ているわけですから、実力のある学生が多いのでしょう。

ただ、国家公務員に採用されるには試験に合格した後、各官庁で面接を複数回受けなければならないので、首都圏の大学の方が経済的には有利です。

 

まとめ

今回見た指標から総合的に考えると、

MARCHは明治大中央大

関関同立は同志社大立命館大

国公立(難関未満)は千葉大東京都立大大阪市立大岡山大広島大

は法学分野で特にオススメできる大学といえます。

 

コメントを残す