【2019】大阪経済大学の評判・偏差値・キャンパスを紹介!

関西の中堅私立大学群・外外経工佛(関西外国語・京都外国語・大阪経済・大阪工業・佛教)の一角である大阪経済大学。

1932年に創設された浪華高等商業学校を前身とし、多くの企業経営者を輩出しています。

今回はそんな大阪経済大学の

大阪経済
2019年偏差値・センター得点率・レベル・評判・知名度・イメージ・キャンパス・著名な卒業生

を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

基本データ

創立:1932年 設立:1949年

学部:経済学部・経営学部・情報社会学部・人間科学部

学生数:7,533名 男5,663名 女1,870名(2019/5/1時点)

本部:大阪市東淀川区大隅2-2-8

 

大阪経済大学の2019年偏差値・センター得点率・レベル

学部学科偏差値(3教科型)センター得点率(3教科型)
経済学部経済47.575%
地域政策47.575%
経営学部経営47.575%
ビジネス法47.570%
経営2部42.5
情報社会学部情報社会4573%
人間科学部人間科学4574%

※大学受験パスナビの偏差値・セ試得点率(河合塾提供)より

偏差値・センター得点率は2019年度入試結果をもとに、合格可能性50%のラインを示したもの

 

大阪経済大学のレベル

大阪経済大学の難易度は普通で、産近甲龍下位の京都産業大学よりやや下のレベルです。

大阪経済大学は近年レベルが凋落傾向で、2019年度入試においても一部学部で偏差値が下がりました。

競合校と入試方式別で偏差値を比べると以下のようになります。↓

2019年度前期一般入試 偏差値比較

大学名学部3教科型2教科型
京都産業大学経済5052.5
経営5052.5
大阪経済大学経済47.552.5
経営47.550~52.5
摂南大学経済5050
経営52.550~52.5
追手門学院大学経済52.552.5
経営47.5~52.545~52.5

※昼間の学部学科のみ

大阪経済大学は今まで産近甲龍と摂神追桃の間のレベルと言われてきました。

しかし、私立大学定員厳格化の中、摂南と追手門学院が2019年度入試で難化し、大経大は伸び悩んだ結果、下のランクだった大学とほぼ変わらないレベルとなりました。

しかも、大阪経済大学の前期A方式(2教科型)は国語・地歴公民・数学・外国語から2教科を選択する方式で、「英語逃げ」が可能となっているので、他大学の2教科型入試よりも負担が軽いです。

これだけグローバル化が叫ばれている中で、英語が必須でないのはどうかと思いますが、英語が苦手は人にはオススメの入試方式です。

 

大阪経済大学の評判・知名度・イメージ

大阪経済大学の評判

大阪経済大学の評判は比較的良いです。

あまり表立った特徴はないですが、実は魅力ある点が多い大学です。

学費が安い

大阪経済大学の学費は私立大学の中でも安く、競合校の共通学部と比べても一番安いです。↓

4年間総学費比較 単位:円

 経済学部 / 経営学部
大阪経済大学3,883,000
龍谷大学4,187,500
甲南大学4,289,000
京都産業大学4,308,000
摂南大学4,395,000
近畿大学4,819,600

※大経経済、龍谷、京都産業、摂南は2019年度入学者用。甲南、近畿は2020年度入学者用。

※昼間の学部学科のみ

※学費は変更となる場合があるので注意してください。

中小企業の研究で高い評価

大阪経済大学には中小企業・経営研究所があり、世界でも数少ない中小企業の専門研究機関として、国内外から高い評価を受けています。

国際的に中小企業の重要性が見直され、その役割が期待される中、同研究所は中小企業の研究活動、資料の収集を積極的に行い、中小企業・経営分野の研究の活性化に大きく貢献しています。

研究分野の資料は学部生でも閲覧することができます。

経営学部には同研究所所員である江島由裕教授が在籍しており、中小企業関連の講義を担当されています。

加えて、大阪経済大学の中小企業関連科目は9科目あり、この分野の授業の豊富さで言えば関西の中堅大学で一番といえます。

ゼミが盛ん

大阪経済大学はゼミに力を入れていることで知られています。

ゼミとは、20人くらいの少人数で行う授業のことで、学生が主体となって研究テーマについて討論・調査・プレゼンを行います。

ゼミは一部学部は必修ではないようですが、ゼミ所属率は約97%(2015年)*と、学生のゼミに対する意識の高さ、学生を受け入れるゼミの体制も整っていることが分かります。

また、「ZEMI-1グランプリ」というプレゼンの力を競うゼミ対抗イベントを開催しており、審査員である企業の担当者から厳しい批評もされる中で、学生のプレゼンスキル、主体性をさらに養っています。

このように大阪経済大学は偏差値で測ることはできない、学生の成長する機会が十分に設けられています。

*出典:リクルート|カレッジマネジメント「連載 就業力を育成する24 大阪経済大学」

 

大阪経済大学の知名度

大阪経済大学の知名度は関西で比較的高く、全国的には低いと言っていいでしょう。

歴史のある伝統校なので関西での知名度は一定以上あり、「大経大(だいけいだい)」という略称で親しまれています。

一方、文系学部のみの単科大学で、駅伝などで大学名を大々的に宣伝する機会も少ないので、全国的には無名です。

 

大阪経済大学のイメージ

「真面目」「堅実」「男が多い」「学費が安い」「普通の大学」というイメージが多いようです。

やはり実業系の大学で派手さもないので、真面目で堅実なイメージが強いです。

また、関西は中堅大学が少ないので、偏差値のわりに良いイメージを持たれることも関西圏ではあるようです。

 

大阪経済大学のキャンパス

基本情報

所在地:大阪市東淀川区大隅2-2-8

アクセス:阪急京都線「上新庄駅」から徒歩約15分 / 地下鉄今里筋線「瑞光四丁目駅」から徒歩約2分

大阪市の最北端・東淀川区に位置するキャンパスです。

敷地面積は約115,000㎡で普通の広さです。

校舎・施設は建て替えられているので非常に綺麗です。

キャンパス周辺は住宅街で、すぐ近くにショッピングモール「かみしんプラザ」があります。

瑞光四丁目駅からは大阪(梅田)駅に約30分で行くことができます。

 

大阪経済大学の著名な卒業生・出身者

高田明

実業家 経済学部卒業

株式会社ジャパネットたかたの創業者および同社制作の通販番組のMCを務めていたことで知られる。

2015年に社長を退任後、2017年に資金繰りが悪化していたサッカーJリーグ・V・ファーレン長崎の社長に就任し経営を再建させるなど、その手腕を発揮している。

 

最後に

いかがでしたか?

参考になれば幸いです。

今後も大阪経済大学に注目していきます。

無料で資料請求できます。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

 

コメントを残す